Banner craftbeers type1

バレルフカミダス

近年、アメリカやヨーロッパのクラフトビールシーンで流行している、ウイスキーやワインの熟成で使われた木樽をビールの熟成樽として利用する「バレルエイジ」と呼ばれる技法。木の香りや、それまで木樽に入っていたお酒の香りが移り、ビールに複雑な味を与える効果があります。この技法のビールは欧米ではプレミアムが付くほどの人気があります。ヤッホーブルーイングでは、これまでにない味と香りのビールを日本のビール市場に提供すべく、他社に先駆け1年ほど前から多数の木樽を入手し研究開発をスタート。ようやく製品化にこぎつけました。
現在、醸造所の貯蔵庫では、 2011年仕込みの「バーレイワイン」と呼ばれる長期熟成ビールを9種の木樽でそれぞれ熟成しています。日本の蒸留所で四半世紀も使われたウィスキー樽や、アメリカ生まれのバーボン樽、ウイスキーとワインの両方に使われた樽など様々。元のビールは同じですが、木樽の素性によって味と香りのまったく違うビールに変化しており、使われている木の材質や、かつて入っていたお酒の種類などを由来とする様々な香りが楽しめるビールに仕上がりました。まさに一期一会の味わいです。

Beer Data

都道府県(産地)長野県
スタイルバーレーワイン
アルコール度数10%

Beer Chart

コメント数:0

コメントをするには、ログイン が必要です。
アカウントをまだお持ちでない方は、こちら から会員登録(無料)ができます。


掲載されているコメントおよびチャートは、ユーザの主観的なご意見・ご感想であり、
ビールの価値を客観的に評価するものではありません。
あくまでも一つの参考としてご活用ください。

開栓情報

Banner kitazawakonishi type brown